Blog

AI(イラストレーター)って何者なのか

Blog

こんにちは!こんばんは!
おはようございます。朝に弱いタイプの大谷です。
ゲームボーイアドバンスを最近買いました。
レトロゲーム最高やで!
その話は別の機会に。
ブログは初めて書かせていただくのでお手柔らかにお願い致します。

 

今回はIllustratorというソフトについてのライトで気軽なお話です。

弊社では完全データ入稿で壁紙、ステッカーなどを印刷させてもらっております。
いろいろやっておりますがメインは印刷です。(独自の素材があるのでマテリアルをご覧いただければ)
その際に入稿頂くデータが二種類あります。

・PDF
・AI (Illustrator)

PDF形式はよく耳にするのではないでしょうか。仕上がりデザイン確認用ですね。
実際に自分でデータを作成される方はAIデータにはなじみ深いかと思いますね。

なじみ深いと言いましてもデータ作成を担当している方にはですよね。
聞いたことのない方や見たことない方もいらっしゃいますよね。

AIデータとは
Illustratorというソフトで作成し、保存されたデータです。

Illustratorとは
ロゴデザインやポスター・チラシを制作するのに最適なソフトです。(写真を配置したり、文字を入れたりなど)

ざっくり簡単に言うとそんな感じです。
詳しく知りたい方は実際にIllustratoを使用するのが一番です!
けどやっぱりそうもいかないですよね。
そこで知っておくと便利な用語を二点だけお伝えさせていただきます。

 

文字のアウトライン化と画像の埋め込み
アウトライン化して送ってください
画像埋め込んで送ってください
と先方からメールが来た経験がないでしょうか。
私はあるのですが初めて見たとき、アウトラインされてないと何がダメなのか分からなくて大変でした。

文字のアウトライン化
文字がアウトライン化されていないと、他のパソコン上で確認したときに文字の形が正常に確認することができません。
文字の形や形式が変わってしまうという認識で問題ないです。

画像の埋め込み
画像が埋め込みされていないと、他のパソコン上で画像を確認することができません。
この場合は使用している画像データも同時に送っていれば問題ない場合もあります。
こればかりは時と場合によりますね。(画像の差し替えや容量の問題など)

簡単に言いますとデザインが確認できない、という感じですね。
アウトライン化、画像埋め込みする前のデータとは別に保存するようにしておくのが大切です。
(アウトライン化、埋め込みすると後から編集するのが大変なので、、、)

私自身勉強中ですが参考になれば幸いです。
分かりずらかった部分などは追記していけたらと思います。

Share

Category

Archive

Recent posts

お問い合わせ

1枚からお見積もりいたします

TEL078-858-6058 mail